プライバシーはしっかり守らなければならない!

他人の情報に興味が…

あの人はどんな情報を持っているのだろうか…なんてちょっと気になったりするものです。プライバシーに介入するつもりはないが、面白半分で少し覗いてみたい気持ちは無きにしも非ずですよね。人のこころの中は見ることはできませんが、多かれ少なかれ他人の情報には興味あるのではないでしょうか?しかし普通の人は興味があるだけで、あえてそれらの情報を集めようなどとは思わないでしょう。他人の情報を故意に盗もうとしたりする人は、個人情報を悪用しようとする犯罪者以外の何者でもありません。

知ってしまった他人の情報!

他人の情報など知る余地もないはずですが、偶然相手の情報を見てしまったりする場合もあり得ますよね。隣にいる彼女がメールを見ている時とか、友人が画面を開きっ放しにして席を空けた時とかは、ついつい相手の情報を知ってしまうこともあります。知ろうとして得た情報ではないのですが、知ってしまったことで罪悪感を持つ人も多いのではないでしょうか?友人のID番号や暗証番号を知ってしまった場合は、正直に話すと良いですよ。そうすることで相手からは、正直な人だと逆に安心感を抱いてもらえるでしょうね。

盗んでも盗まれても良いことなんてない!

他人のプライバシーを盗んで、それを悪用したりすれば紛れもない犯罪です。犯罪を犯した者は裁かれる運命にあります。「魔がさした」なんていうセリフもよく聞きますが、犯罪を犯すということは人生を罪に染めることになりますから、自分だけでなく両親や兄弟にもその罪は、重くのしかかることになるでしょう。また個人情報を悪用されるようなこととなれば、被害者として大きなダメージを受けなければなりません。個人情報は盗んでも盗まれても、良いことなどひとつもないと断言できます。

機密文書を厳密に管理するうえで、コンピュータの機能性やセキュリティ対策に気を配ることがポイントとして挙げられます。