太陽光発電システムにおける発電効率って何?

太陽の光エネルギーは電気エネルギーに変換可能

太陽光発電は太陽の光を電気エネルギーに変換することで電気を作り出すことが出来るシステムで、太陽光発電の要となるのは太陽電池です。因みに、太陽電池はソーラーパネルと呼ばれる事も在れば、太陽電池モジュール、太陽パネルなど色々な呼び方が在りますが、どれも同じものであり、呼び方が異なると言う違いに過ぎません。尚、太陽の光を太陽電池が受ける事で発電が可能になるわけですが、太陽光発電システムを導入するためには発電効率についての知識を持っておく必要が在ります。

太陽光発電の発電効率と傾斜角度や向き

太陽光発電システムを導入すれば電気が作れる、電力会社から電気を買わずに済むと言うメリットを感じる人も多いかと思われますが、太陽の光を100%とした時、理想は100%の太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換させることです。しかし、現実には100%の変換を行う事は難しく、電力損失が生じる事になります。太陽光発電は屋根の傾きが30度、南向きと言った時に発電効率は100%になり、角度がずれる、方角がずれるなどで、電力損失が生じる事になるのが特徴です。

電力損失はパワーコンディショナーでも生じます

太陽の光エネルギーが100に対して、屋根の傾斜角度や向きがずれる事で電力損失が生じる事になります。但し、電力損失が生じているからと言って発電が出来ないと言う事ではなく、あくまでも100%の太陽エネルギーの変換効率が下がると言う意味であり、住居内で利用する電力量は十分満たされているので安心です。尚、電力損失はDC/AC変換装置でもあるパワーコンディショナーでも生じる事になるため、太陽光発電システムを導入する場合には専門知識を持つ業者を利用する事が快適な発電ライフに繋がります。

太陽光発電の売電が制度化されたのは平成21年です。それまでは個々の電力会社で太陽光発電の価格は違っていました。現在はKW当たり33から35円ですが、当初42円と高額だったため、活発に投資されました。